法人ブログ

キラッと看護☆彡

転倒による脳出血にて入院されている患者さんで、認知症がありベッド上で臥床している事が難しく転倒リスクが高く見守りが必要な方がおられました。 入院中、リハビリ・食事以外はベッド上で過ごしてもらうことが多く、時間を持て余しておられたので塗り絵を提案すると、時間を忘れてされていました。 麻痺がある中でもとても綺麗な色合いで、部屋には完成した作品が飾られ可愛い空間になっていました。
転倒による脳出血にて入院されている患者さんで、認知症がありベッド上で臥床している事が難しく転倒リスクが高く見守りが必要な方がおられました。 入院中、リハビリ・食事以外はベッド上で過ごしてもらうことが多く、時間を持て余しておられたので塗り絵を提案すると、時間を忘れてされていました。 麻痺がある中でもとても綺麗な色合いで、部屋には完成した作品が飾られ可愛い空間になっていました。

これから需要が高まる【定期巡回】について

利用者様のご自宅に伺い 適時介護サービスを行う事業に 定期巡回というものがあります。 定期巡回とは、正式名称を 定期巡回・随時対応型訪問介護看護 といい 自宅で暮らす高齢者の方に対し支援を行うサービス のことを指します。 「それってつまりヘルパーとはどう違うの?」 そう思われた方も多いと思います。 ヘルパーとの違いは ヘルパーには1日の訪問回数に制約がありますが 定期巡回は1日の訪問回数に制約がなく 何度も必要に応じて支援に入ることができるところです。 この定期巡回を行う スタッフになるにあたって 必要な資格は 初任者研修 介護福祉士 実務者研修 上記いずれかの資格があることです。 中でも初任者研修は取得必要日数が少なく、 最短で2週間程度で取得が可能なので 誰でも目指しやすい職業となっております。 また洛西福祉会では、 独自に初任者研修を取得するための 研修を実施しております。 気になった方はお気軽にお問い合わせください。 https://www.rakufuku.jp/%E5%88%9D%E4%BB%BB%E8%80%85%E7%A0%94%E4%BF%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B/ 定期巡回職員として働いている スタッフに仕事のやりがいとオススメポイントを聞いてみました。 洛西福祉会の定期巡回職員として 働くオススメポイント☝️ 土日が確実に休みでない代わりに平日は休みの融通がききます! 洛西福祉会の定期巡回職員として 働く仕事のやりがい✨ できるだけ自宅で過ごしたいと考えておられる 高齢者の方は多いと思います。できるだけその意思を尊重し、 高齢者のご家族とも寄り添って暮らしやすいようお手伝いできるのが 定期巡回のやりがいです。 この度、洛西福祉会では、 ふくみっとさんの取材に同行し、 独自で編集した動画を再編集し、 定期巡回をより知っていただくための動画を作成しました。 もし良ければご覧くださいね。 YouTubeのチャンネル登録もよろしく おねがいします! 求人のご応募随時お待ちしております! https://fukumit.jp/job/v/359?openFrom=2&keyword=%E5%AE%9A%E6%9C%9F%E5%B7%A1%E5%9B%9E https://fukumit.jp/job/v/368?openFrom=2&keyword=%E4%B8%83%E5%BD%A9
利用者様のご自宅に伺い 適時介護サービスを行う事業に 定期巡回というものがあります。 定期巡回とは、正式名称を 定期巡回・随時対応型訪問介護看護 といい 自宅で暮らす高齢者の方に対し支援を行うサービス のことを指します。 「それってつまりヘルパーとはどう違うの?」 そう思われた方も多いと思います。 ヘルパーとの違いは ヘルパーには1日の訪問回数に制約がありますが 定期巡回は1日の訪問回数に制約がなく 何度も必要に応じて支援に入ることができるところです。 この定期巡回を行う スタッフになるにあたって 必要な資格は 初任者研修 介護福祉士 実務者研修 上記いずれかの資格があることです。 中でも初任者研修は取得必要日数が少なく、 最短で2週間程度で取得が可能なので 誰でも目指しやすい職業となっております。 また洛西福祉会では、 独自に初任者研修を取得するための 研修を実施しております。 気になった方はお気軽にお問い合わせください。 https://www.rakufuku.jp/%E5%88%9D%E4%BB%BB%E8%80%85%E7%A0%94%E4%BF%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B/ 定期巡回職員として働いている スタッフに仕事のやりがいとオススメポイントを聞いてみました。 洛西福祉会の定期巡回職員として 働くオススメポイント☝️ 土日が確実に休みでない代わりに平日は休みの融通がききます! 洛西福祉会の定期巡回職員として 働く仕事のやりがい✨ できるだけ自宅で過ごしたいと考えておられる 高齢者の方は多いと思います。できるだけその意思を尊重し、 高齢者のご家族とも寄り添って暮らしやすいようお手伝いできるのが 定期巡回のやりがいです。 この度、洛西福祉会では、 ふくみっとさんの取材に同行し、 独自で編集した動画を再編集し、 定期巡回をより知っていただくための動画を作成しました。 もし良ければご覧くださいね。 YouTubeのチャンネル登録もよろしく おねがいします! 求人のご応募随時お待ちしております! https://fukumit.jp/job/v/359?openFrom=2&keyword=%E5%AE%9A%E6%9C%9F%E5%B7%A1%E5%9B%9E https://fukumit.jp/job/v/368?openFrom=2&keyword=%E4%B8%83%E5%BD%A9

介護スタッフの求人を公開します

8月に向けて、介護スタッフさんの求人募集を公開しました。 施設見学だけでもOKなので、ぜひ一度ご連絡ください。
8月に向けて、介護スタッフさんの求人募集を公開しました。 施設見学だけでもOKなので、ぜひ一度ご連絡ください。

1年目看護師の“キラッと看護観”

“寄り添う”看護 あすかい病院看護部では、卒後1〜3年目の各研修の最後の課題として、毎年看護観をまとめてもらいます。 自己の看護観をまとめることで、1年間実践してきた看護を振り返り、自己の成長を確認することができるとともに、次年度への課題も見出すことができます。 今回は、地域包括ケア病棟:1年目看護師の看護観の一部をご紹介します。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  私の看護観は『患者の訴えや話を傾聴し思いや願いに寄り添う看護』である。  看護学生の時に受け持った患者さんは、持続的な四肢の感覚障害があったため、痺れの緩和と安楽を図る目的で手浴を行った。その後、患者さんから笑顔で「気持ち良いです。ありがとう」といった発言が聞かれたことを、今でも鮮明に覚えており心に残っている。  入職してからは、目の前の業務に追われ学生の頃のように患者さんとゆっくり関わることが難しく、話しを傾聴したいという気持ちと看護師としての業務を遂行しなければならないという葛藤を抱いている。  患者さんの中には、認知症で夜間に不穏になられる方も多い。さらに、遠慮や心配を掛けたくないという気持ちから自分の思いを表出されない方や、病気により上手に言葉を発することができない方もいる。意思疎通を図ることが難しいからこそ、患者の表情や言動にはその人なりの意味のあることであり、思いがあると考える。高齢だがら、認知症だがら、疾患があるからと決めつけるのではなく、その人の表情や言動の裏に秘められた思いを汲み取り、寄り添う姿勢が患者の思いや願いを知る上で大切であると考える。 「寄り添う」と言うことは簡単でも、実際に寄り添うことは患者の思いを知り、関係性を構築できていなければ難しいと考える。そのため、患者さんの日々の変化に着目し、五感を研ぎ澄ませて観察して、その中で個別性を見つけその人にあった関わりや接し方、距離感を大切にし、しっかりとその人を知っていこうと思う。  そして、多忙な中であっても、できる限り患者さんのもとへ足を運び、思いや願いを傾聴し寄り添い続ける姿勢をこれからも大切にしていきていと思う。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ どうでしたでしょうか? 1年間の成長を感じることができますね。 看護観は人それぞれです。私もこの看護観から学ぶことができました。 まとめお疲れさまでした。
“寄り添う”看護 あすかい病院看護部では、卒後1〜3年目の各研修の最後の課題として、毎年看護観をまとめてもらいます。 自己の看護観をまとめることで、1年間実践してきた看護を振り返り、自己の成長を確認することができるとともに、次年度への課題も見出すことができます。 今回は、地域包括ケア病棟:1年目看護師の看護観の一部をご紹介します。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  私の看護観は『患者の訴えや話を傾聴し思いや願いに寄り添う看護』である。  看護学生の時に受け持った患者さんは、持続的な四肢の感覚障害があったため、痺れの緩和と安楽を図る目的で手浴を行った。その後、患者さんから笑顔で「気持ち良いです。ありがとう」といった発言が聞かれたことを、今でも鮮明に覚えており心に残っている。  入職してからは、目の前の業務に追われ学生の頃のように患者さんとゆっくり関わることが難しく、話しを傾聴したいという気持ちと看護師としての業務を遂行しなければならないという葛藤を抱いている。  患者さんの中には、認知症で夜間に不穏になられる方も多い。さらに、遠慮や心配を掛けたくないという気持ちから自分の思いを表出されない方や、病気により上手に言葉を発することができない方もいる。意思疎通を図ることが難しいからこそ、患者の表情や言動にはその人なりの意味のあることであり、思いがあると考える。高齢だがら、認知症だがら、疾患があるからと決めつけるのではなく、その人の表情や言動の裏に秘められた思いを汲み取り、寄り添う姿勢が患者の思いや願いを知る上で大切であると考える。 「寄り添う」と言うことは簡単でも、実際に寄り添うことは患者の思いを知り、関係性を構築できていなければ難しいと考える。そのため、患者さんの日々の変化に着目し、五感を研ぎ澄ませて観察して、その中で個別性を見つけその人にあった関わりや接し方、距離感を大切にし、しっかりとその人を知っていこうと思う。  そして、多忙な中であっても、できる限り患者さんのもとへ足を運び、思いや願いを傾聴し寄り添い続ける姿勢をこれからも大切にしていきていと思う。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ どうでしたでしょうか? 1年間の成長を感じることができますね。 看護観は人それぞれです。私もこの看護観から学ぶことができました。 まとめお疲れさまでした。

新人職員看護部オリエンテーション

4月1日、あすかい病院に14名の新人看護師と1名の既卒看護師、1名の既卒介護福祉士が入職しました。 4月1日は、午前中に京都民医連の、午後に信和会の入社式が行われました。 そして、4月4日は、当院看護部のオリエンテーションです。 まず最初は、看護部長からの『看護部方針』『看護師の業務規準』『個人情報保護』についての説明です。 当院の看護部理念や、今年度どのような方針で看護を行っていくかについて、看護部長の熱い思いが語られました。 また、看護師という専門職として働くに当たって、守るべき基準や個人情報についても、しっかりと説明されました。 一社会人として、大切にしていって欲しいですね。 次は、みんなが待ちに待った『辞令交付』です。 自分はどの病棟に配属されるのか? ドキドキ! わくわく!? しながら、事例を受け取っていました。 続いて、教育担当副看護部長から『初期研修計画』についての説明です。 今年一年間、新人看護師がどのような研修を受けるのかを、詳しく聞くことができました。 多くの研修を受け、いくつかの課題の取り組みを通して、1年後の成長した自分をイメージすることができたでしょうか? 午前中の最後は、『病院見学』と『ユニフォーム着用』です。 病院内の各部署を訪問しご挨拶、先輩職員に緊張しながらもわいわいしながらまわることができました。 その続きで、自分用に届いていた看護ユニフォームに着替えました。 昨日からここまではスーツ姿でしたが、いよいよユニフォームに着替え、看護師になったことを実感できたのではないでしょうか。 午後一番は、電子カルテの操作です。 今の看護業務には欠かすことができない電子カルテ。 病院によってそのシステムは色々です。 当院の電子カルテの操作方法を、まずは体感してもらいました。 直ぐには覚えられないでしょうが、次週からの業務で活していっていただきたいですね。 本日最後は『感染対策』です。 コロナ禍が継続する中で、医療食として必須の技術となります。 そのことは、看護学生として実習を通し、痛感しているはずですね。 ここでは、基礎的知識のお話とともに、ガウンなどの装着方法なども演習し、しっかりと学んでもらいました。 研修での学びを活かして、少しずつ業務に慣れていってほしいですね。 頑張れ!!
4月1日、あすかい病院に14名の新人看護師と1名の既卒看護師、1名の既卒介護福祉士が入職しました。 4月1日は、午前中に京都民医連の、午後に信和会の入社式が行われました。 そして、4月4日は、当院看護部のオリエンテーションです。 まず最初は、看護部長からの『看護部方針』『看護師の業務規準』『個人情報保護』についての説明です。 当院の看護部理念や、今年度どのような方針で看護を行っていくかについて、看護部長の熱い思いが語られました。 また、看護師という専門職として働くに当たって、守るべき基準や個人情報についても、しっかりと説明されました。 一社会人として、大切にしていって欲しいですね。 次は、みんなが待ちに待った『辞令交付』です。 自分はどの病棟に配属されるのか? ドキドキ! わくわく!? しながら、事例を受け取っていました。 続いて、教育担当副看護部長から『初期研修計画』についての説明です。 今年一年間、新人看護師がどのような研修を受けるのかを、詳しく聞くことができました。 多くの研修を受け、いくつかの課題の取り組みを通して、1年後の成長した自分をイメージすることができたでしょうか? 午前中の最後は、『病院見学』と『ユニフォーム着用』です。 病院内の各部署を訪問しご挨拶、先輩職員に緊張しながらもわいわいしながらまわることができました。 その続きで、自分用に届いていた看護ユニフォームに着替えました。 昨日からここまではスーツ姿でしたが、いよいよユニフォームに着替え、看護師になったことを実感できたのではないでしょうか。 午後一番は、電子カルテの操作です。 今の看護業務には欠かすことができない電子カルテ。 病院によってそのシステムは色々です。 当院の電子カルテの操作方法を、まずは体感してもらいました。 直ぐには覚えられないでしょうが、次週からの業務で活していっていただきたいですね。 本日最後は『感染対策』です。 コロナ禍が継続する中で、医療食として必須の技術となります。 そのことは、看護学生として実習を通し、痛感しているはずですね。 ここでは、基礎的知識のお話とともに、ガウンなどの装着方法なども演習し、しっかりと学んでもらいました。 研修での学びを活かして、少しずつ業務に慣れていってほしいですね。 頑張れ!!

ハートフルトポス・クリスマスフェスティバル2021

2021年12月10日(金)、右京ふれあい文化会館ホールにてハートフルトポス・クリスマスフェスティバル2021が開催されました。2年ぶりの開催で、大勢の方々に大きなご期待をいただいての開催となりました。  入り口での検温、消毒、マスク着用の確認、追跡調査可能なご来場者カード等々、コロナ対策を万全に行いました。コロナ禍にもかかわらず予想をはるかに上回る多くの方にお越しいただきましたこと、この場を借りて心よりお礼申し上げます。  第1部は、ハートフルトポス賛美チームによるバンド演奏「さあ賛美しよう」、続いてダンスチームによるダンス、さらに2人のグループホーム入所者による体験談発表、感動の聖書劇「ヨセフの生涯」へと進んでいきました。  その後は理事長メッセージ、フラッグチームによる演技へと進み、最後にスタッフと8つのグループホーム入所者全員によるフィナーレを迎えました。  この日のためにスタッフ・入所者ともに練習に練習を重ねてまいりました。入所者の皆さん、本番で素晴らしい力を発揮することができました。その表情は満足感、達成感にあふれていました。  第2部はジャマイカ出身のゴスペル歌手ジョン・ルーカス氏によるゴスペルコンサートです。アンコールも含め、全13曲を全力で歌ってくださいました。皆さんそのパワフルで情感たっぷりの圧倒的な歌声に魅了されていました。またルーカス氏は日本在住21年で日本語もとてもお上手です。その軽妙な語り口にもみなさん笑顔を咲かせていました。本当にあっという間に過ぎてしまったルーカス氏のステージでした。  こうして大盛況のうちに、ハートフルトポス・クリスマスフェスティバル2021が閉幕しました。ご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました。ぜひまた来年もお会いしましょう。
2021年12月10日(金)、右京ふれあい文化会館ホールにてハートフルトポス・クリスマスフェスティバル2021が開催されました。2年ぶりの開催で、大勢の方々に大きなご期待をいただいての開催となりました。  入り口での検温、消毒、マスク着用の確認、追跡調査可能なご来場者カード等々、コロナ対策を万全に行いました。コロナ禍にもかかわらず予想をはるかに上回る多くの方にお越しいただきましたこと、この場を借りて心よりお礼申し上げます。  第1部は、ハートフルトポス賛美チームによるバンド演奏「さあ賛美しよう」、続いてダンスチームによるダンス、さらに2人のグループホーム入所者による体験談発表、感動の聖書劇「ヨセフの生涯」へと進んでいきました。  その後は理事長メッセージ、フラッグチームによる演技へと進み、最後にスタッフと8つのグループホーム入所者全員によるフィナーレを迎えました。  この日のためにスタッフ・入所者ともに練習に練習を重ねてまいりました。入所者の皆さん、本番で素晴らしい力を発揮することができました。その表情は満足感、達成感にあふれていました。  第2部はジャマイカ出身のゴスペル歌手ジョン・ルーカス氏によるゴスペルコンサートです。アンコールも含め、全13曲を全力で歌ってくださいました。皆さんそのパワフルで情感たっぷりの圧倒的な歌声に魅了されていました。またルーカス氏は日本在住21年で日本語もとてもお上手です。その軽妙な語り口にもみなさん笑顔を咲かせていました。本当にあっという間に過ぎてしまったルーカス氏のステージでした。  こうして大盛況のうちに、ハートフルトポス・クリスマスフェスティバル2021が閉幕しました。ご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました。ぜひまた来年もお会いしましょう。

おひなさまを飾りました🌸

もうすぐひなまつり🌸 入居者さまと食堂におひなさまを飾りました。 当館のおひなさまは7段飾りの立派なものなのですが 男性陣が手伝ってくださったので段を組む作業もスムーズにはかどりました! とてもかわいくて、お食事に食堂へいらっしゃる入居さまにも 喜んでいただいています❤
もうすぐひなまつり🌸 入居者さまと食堂におひなさまを飾りました。 当館のおひなさまは7段飾りの立派なものなのですが 男性陣が手伝ってくださったので段を組む作業もスムーズにはかどりました! とてもかわいくて、お食事に食堂へいらっしゃる入居さまにも 喜んでいただいています❤